これ、ぜ〜んぶ「一筆書き」なんです。

子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。

見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こんな大作を一筆で描いたと言うのだから、本当に線の切れ目がないか思わず探してしまったのは、私だけではないはず(笑)。

下書きすらない
「一発書き」

手がけているのは、パリとベルリンで活動をしているアーティストDFT(別名differantly)。彼の独特なラインアートは、世の中に溢れる複雑なイメージをミニマムに分解し、アイデンティティ、時間との関係、現実の理解を問いているようです。

ちなみにですが、彼のサインはまさかの三筆でした。

どこから始まって
どこで終わってる?

安易かもしれませんが、私は右ににょろっと伸びた線な気がしました。でもよ〜くみると、かかと部分の線かもしれません。まさかとは思うけれど、つま先のほうにある風船から始まっていたりして…みなさんどう思います?

Licensed material used with permission by DFT,(Instagram),(facebook)

引用元: http://tabi-labo.com/281696/differantly-art-unicursal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>