毎晩、ぐっすり眠れるようになる「10のヒント」

「睡眠時間が短い」あるいは「睡眠の質が低い」と悩んでいるあなた。実際、アメリカでは5〜7千万人の人が慢性的な睡眠障害をかかえていて、体調や寿命に悪影響を及ぼしていると言われています。

ぐっすりと眠るためには、日常のストレスや不安を取り除き、緊張状態から抜け出すのがひとつの方法ですが、具体的にどうすべきでしょうか?

Inc.」の人気ライター、Jeff Haden氏が10のヒントをくれました。

01.
懸案事項をすべて書き出して
頭の中から追い出そう

『Getting Things Done』の著者、David Allen氏が以前こう話してくれました。

「たいていの人は、精神力を使って物事を捉えるんだ。つまり、それが『重要かどうか』は、感情によって決まるということ。どんな人でも、とりあえず座って懸案事項をリスト化するようにと言うと、少し気が楽になるんだ。紙に書き出すと、問題との関わり方が見えてくる。物事が客観的に見られるし、想像力や直感力をもって対処することだってできるようになる」

実際に試してみると、自分が思っていたほど状況が悪くないことに気づき、きっと安心するはず。そして、事態をより良くしていく方法が見えてくるでしょう。なぜなら、あなたはもはや「受け身」ではなくなり、自分から問題と向き合っていけるようになるからです。

その次は、ほんの少しステップアップして「覚えておくべきこと」を書き出してみましょう。そうすれば忘れる心配がなくなります。

02.
「緊急のお知らせ」だけを
受け取るシステム作り

仕事でもプライベートでも、責任が重くなるにつれて心配事も増えていきます。懸案事項のリストは際限なくつづき、夜も神経を尖らせてしまうことがあるでしょう。常にメールボックスをチェックしたり、状況の確認をするために電話をしたり…。「何が起こるかわからない」という不安のせいで、おかしくなるわけです。

そんなときは、わからないことを心配するのはやめて「わかる」ようなシステムを作ってしまえばいいのです。何をもって「緊急事態」とするのか(あるいはしないのか)を決めておきましょう。

たとえば、私の友人は従業員1,200人を抱える製造工場を運営しています。彼は「緊急用」の携帯電話を持ち歩き、有事の際には、その「緊急用」の携帯にのみ電話かメールで連絡が来る、という仕組みです。これにより、寝るときは普段使っている電話は電源をオフにしてぐっすり眠ることができるのです。

夜間に電話が鳴れば、それは確実に「緊急事態」。わざわざ確認する必要もないのです。

自分に「何が通知されるべきか」をしっかり定め、それを確実に知るためのシステムを作りましょう。そうすれば、もっとぐっすりと眠れるはず。

03.
自分の力でどうにもならない
ことに気を揉むのはやめよう

自分ではどうしようもできないこと。ある人にとっては「政治」かも知れないし、「家族」や「気候の変化」かも知れません。

気にせず、自分にできることからやりましょう。とりあえず投票へ行く。話を聞いてあげる。リサイクルをしてCO2の排出量を削減する、など…。

他の人に働きかけるのではなく、“自分が”やるのです。

04.
ウワサ話に
乗っかるのはやめよう

ウワサ話に夢中になるのはやめて、誰かを助けたり、元気付けたりしましょう。職場の派閥争いなんかにも巻き込まれないように。きっと最後にはひどい目に遭います。

ぐっすり眠るためには、不要なストレスを回避するべきです。

05.
批判されても引きずらず
感謝の気持ちを

たとえそれが批判であれ、フィードバックをくれるということは、少なくともその人はあなたの製品やサービス、仕事、人生を「もっと良くしてもらいたい」と思っているということです。

本当に恐るべきなのは、自分のことを誰ひとり気にかけてくれないという状況。

批判は、改善するチャンスを与えてくれるものです。素直に受け入れるようにしましょう。

06.
他人の言動に
一喜一憂するのはやめよう

私たちはたいてい、他人のせいでなく「自分のせい」で失敗するのです(私だけでしょうか?)

他人の行動はコントロールできません。あなたがコントロールできるのは「自分がどう行動するのか」だけなのです。

07.
意思決定の「数」を減らして
後から心配する手間を省こう

事態をうまく対処する準備が整っていれば、客観的でいられるし「間違った判断をしたのではないか」と戦々恐々とする必要もなくなります。たとえば、

・イレギュラーな要望もあらかじめ考慮しながら料金表をつくる
・お客さんからの苦情を想定しながらガイドラインを制定する
・出勤率やパフォーマンスといった、客観的に評価可能な就業規則をつくる
・子どもに聞かれる前に「してもいいこと」を決めておく

など、自分が手こずっている状況に対して、事態が悪化する前に「何をするのか」を決めるようにしましょう。

そうすればもっといい決断ができるし、不安を解消することができるはず。後悔の数も今より減らせるかも知れません。

08.
締め切りを設定しておけば
作業は自動的に終わる

あなたは自分のことを「24時間フル稼働のやり手」だと思っているかも知れませんが、そんなことは不可能です。どれぐらいで終業するのか決めておきましょう。

罪悪感が残る?それならば…

09.
翌日の予定を立てて
心の余裕を持っておこう

翌日の朝、起きてからまず最初に何をする必要があるのか、書き出しておきましょう。

どんな仕事が残っているのかを把握できていれば、ゆっくり休めるはず。

10.
自分がどれだけ恵まれているか
考えてみよう

毎晩、電気を消して眠る前に、ほんの少しだけ時間を取ってみましょう。

「自分になくて他人にはあるもの」で悩むのはやめにして「自分が何を持っているのか」を考えるのです。

私たちは、自分がいかに多くのものを持っていて、それらに感謝すべきなのかを忘れがちです。人生が素晴らしいものだと気づけば、もっと豊かな気持ちになりますよね。それこそが最高のスリープエイドなのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden

引用元: http://tabi-labo.com/280707/you-can-sleep-a-lot-better

キーボードだって可愛くなれる!

キーボードといえば、割とシンプルなイメージ。

今回紹介するのは、デザインと音に注目した、今までのそれとはちょっと違ったキーボード「Lofree」。

レトロなタイプライターを
イメージした「丸み」

やっぱり目を引くのは、この丸みを帯びた文字盤。それもそのはず、10回ほどの試作を繰り返し、最終的にこのデザインに至ったのだそう。

もちろん見た目だけではなく、音にもこだわっていてタイプライターの出す「カチャカチャ」という響きに近い「Gateron Blue Mechanical switches」を採用。

サッとカバンの中から
出したい

リリースによれば、市販されているキーボードのうち95%はゲーマー向けに作られているとのこと(本当かどうかは分からないけど…)。だからこそ彼らがこだわったのは、他のメーカーがあまり重視しない、見た目と音。

さらに、Windows用のキーボードが多いけど、この製品はMacでも使うことが可能。また、キーボードのレイアウトもMacと全く同じにしている、とのこと。これにも、デザインにこだわっているポイントがみられる。

そして、持ち運びにも便利な13インチのiPad Proとほぼ同じ大きさ。これだったらバックに入れられるし、カフェに持って行っても邪魔になりません。

かわいいのに
意外と「高性能」

このキーボード、機能も充実しています。写真を見ての通りワイヤレスで使えて、Bluetooth搭載。一回の充電で最大6ヶ月も持つそう。

他には、こんな機能も。

・Mac/Windows/iOS/Androidに対応
・3台同時接続可能(専用切り替えスイッチあり)
・オートスリープモード搭載
・3種のバックライト設定

現在はターコイズブルー、ピュアホワイト、サンドストーンブラックの3色展開。でも、広告から見るに他の色にも期待できそう。さらに、キーボードキャップのみの販売も考えているらしく、自分好みの色にカスタマイズできる可能性もあるそうです。

79ドル(約8,800円)からと、手が伸ばせる価格。現在、「INDIEGOGO」でクラウドファンディング中で、4月からは大量生産に入るらしく、そこまで待つ必要もなさそうです。

Licensed material used with permission by lofree

引用元: http://tabi-labo.com/280793/lofree

毎日見たくなる「ミニチュアの世界」へようこそ!

一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアートなのです。

タオルでつくられた雪山のシルエットは、一瞬で気づけなかった人も多いのでは?

日常に潜む
「ミニチュア視点」

これら、身近な日用品で作られた幻想的なシチュエーションは、SNSでも話題の日本人アーティスト、田中達也さんによる「ミニチュアカレンダー」という作品。なんと、2011年から現在まで毎日新作が作り続けられているとか。

記念すべき2017年、始まりの1枚がこちら。シャンパングラスのふちに立つ二人の前には、鮮やかなオレンジの花火。

ここから先は、コレクションの一部を田中さんの秀逸な「ひと言コメント」とともにお楽しみください。

うっかりスノーボード=USB

地下空洞に濁った水が溜まってます、いい意味で!

※それはコーヒーです。

10000人ぐらい乗っても大丈夫

「この穴は飴が喉に詰まっても窒息しないためにあるのですよ。
CTスキャンのためではありませんよ。」

「雨が降ってきやがった、、こんち気象!」

ボーっとせず、まめに餌を変えましょう

自分が小さくなれば
より小さいものが見えてくる

8.1chタコ足サラウンド

今日は楽しい”ふな”祭り〜

お菓子な虹

“歯磨き粉を絞ると雪だるまになって出てくる”
という無駄なスキルを身につけました

※ウソです。

監視員にも監視が必要そう。。

ゴールテープが切れない

童話のように優しくロマンティックな作品や、ふふっと笑ってしまう微笑ましい作品ばかりで魅了されてしまいます。小さい頃、周りのものを他の色々なものに見立てて遊んだことのある人も多いはず。大人になってからも、こうした想像力や遊び心を忘れずに世界を見ることができたら素敵ですよね。

公式ホームページだけでなく、Instagram写真集もチェックしてみてください。日々、何気なく目にするものも、きっと見る目が変わるはず。

Licensed material used with permission by ©TatsuyaTanaka(MINIATURE CALENDAR)

引用元: http://tabi-labo.com/280576/miniature-figurines

世界遺産・知床へ!大自然の中で見つけた家族の新たな一面!

家族旅行では、行き先もアクティビティも、子どもを中心に考えがちなもの。もちろん、それは家族みんなのことを思っての選択ですが、どうせ行くなら大人も子どもも一緒に楽しめた方がいいに決まってますよね。

親子が一緒になって楽しめるフィールドといえば、やっぱり大自然。それも、世界自然遺産に登録された知床なんて、家族全員で楽しむにはピッタリな旅行先です!

スノーシュー体験で
大人も子どもも大はしゃぎ!

〝家族参加型の特別課外授業〟と銘打った「ASOBO JAPAN」の第3弾は、世界自然遺産に登録された知床が舞台。〝WHITE CAMP〟というコンセプトを掲げ、スノーシューや流氷ウォークなど、冬の北海道ならではのアクティビティが行われました。

今回のツアーには、応募総数約5万組の中から選ばれた5家族が参加。ほぼ全員が初めての知床ということで、期待と緊張が入り混じったような表情が目立ちましたが、それぞれの自己紹介を通して会場は徐々に和やかな雰囲気に包まれていきました。

各家庭にCanon EOS Kissが貸し出されると、子ども達は興味津々。カメラの扱いや撮る時の姿勢を教えてもらって、思い出作りの準備は万端です!

案内役を務めるのは、年間15回ほどの「THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL」を主宰しているTHE NORTH FACEチーム。知床ナチュラリスト協会とタッグを組んで、2日間の〝家族参加型の特別課外授業〟が始まりました。

最初にやってきたのは、アイヌ語で「赤い水」を意味する『フレペの滝』へと続く遊歩道。冬場は深い雪で覆われた森の中を、スノーシューをつけて散策します。

はじめは、慣れないスノーシューに戸惑いを見せていた子ども達でしたが、一面が雪に覆われた森の中に入っていくとテンションが急上昇。

「あそこに行ってみてもいいー?」という好奇心に従って、ひとりの子が駆け出したかと思うと、それを見た他の子が次々と後に続き、家族の枠組みを超えて一気に仲良くなっていました。

そんな子ども達の様子を見て、我慢しきれなくなったのが大人達。はじめは大人の顔をしていましたが徐々に童心へと返り、親子で雪玉を投げ合ったり、真っさらな雪原にバフッと埋もれてみたりと、子どもと一緒に大はしゃぎ。

普段はパパの仕事になってしまうことが多い写真撮影も、子ども達が楽しみながらやってくれるから、今回はパパの写真もたくさん!子どもにカメラを向けられると、自然と頬も緩みます。

雪玉と笑い声が一緒に飛び交い、一気に賑やかになった森の中。だけど、遊び回ることだけが「ASOBO JAPAN」ではありません。

聞いて、見て、触れる
森の中の体験学習

暖かいハチミツレモンと、手作りのオートミールクッキーで休憩した後は、森の中で観察タイム。

人里離れた森の静けさに耳を澄ましたり、クマゲラの巣穴やヒグマの爪痕が残された木を見たりしながら、世界遺産に登録された知床の貴重な自然について学びます。

先ほどとは打って変わって、ガイドさんの話を聞くみんなの表情は真剣そのものでした。

壮大!流氷との初対面!

いよいよフレペの滝に着くと、眼下には一面の流氷が!

ガイドさんの話によると、知床に着岸する流氷はサハリンの最東端から約1000キロもの旅をしてやってきたものだとか。ユーラシア大陸の広大な湿地や森の栄養分を閉じ込めた流氷が、オホーツク海で溶けることで海を豊かにし、それを体内に取り込んだ鮭が川を上ることで、海の栄養分が森に運ばれるそうです。さらに、海と森の繋ぎ役となった鮭を熊が食べ、食べ残しやフンを森の中に落とすことで木々が成長。そうして、長い時間をかけて育まれたのが知床の大自然なのだといいます。

流氷を起点に海と森が繋がっているからこそ、知床には他に類を見ない豊かな自然環境ができあがったんですね。大人も子どもも食い入るように、ガイドさんの説明を聞いているのが印象的でした。

2日目、
いよいよ流氷の上を歩きます!

それぞれの家族が昨日よりもグッと距離が縮まった雰囲気で、朝から笑顔が絶えません。

クックパッド監修の『鮭のあったかクリームチャウダー』で2日目スタート。

「体は内側から温めましょう。外から冷えたら、もう温め直しがきかないので」というガイドさんの話にもあったように、冬のアクティビティでは服装と同じくらい温かいものを食べることも大切なんです。

「一緒に遊べるのは、今だけだから」

1日目の疲れをちっとも感じさせない5組のファミリーは、完全防水のドライスーツに身を包んで、いざ流氷ウォークへ!

すっかり雪にも慣れた様子で、流氷から流氷へピョンピョンと移動していく子ども達。それを見ている親達は「ペンギンみたい!」と笑いながらシャッターを切ります。「一緒に遊べるのは今だけだから、今を一生懸命楽しみます!」と話してくれたのは、岩間さんのパパでした。

50センチから1メートルほどの厚さがあるという流氷は、子どもが何人乗ってもビクともしません。海に浮いた氷の上で遊べるなんて不思議な体験ですね!

続いては、水に浮くというドライスーツの特性を活かして、真冬の海に入ってみることに。器用にバランスをとりながら水に浮く子ども達を見て、親達は「今度はラッコみたい!」と嬉しそう。

そんなパパとママは、体に変な力が入ってしまったのか、水に浮くのにちょっと苦戦。こういう場面では、子どもの方が素直で、飲み込みが早いのかもしれません。

ツアーの後半には、すっかり仲良くなった子ども達から雪を投げられて、ガイドさんが「親の顔が見てみたい!」と冗談めかす一幕も。そのやりとりを側で見ていた当の親は、まるで他人事のように笑い飛ばしていました。たった2日間で、ここまで親密になれるのも、自然の中で一緒に遊んだからこそでしょう。

「自分達だけで旅行に行ったら、のんびり美味しいものを食べてお終いという感じになると思うんですけど、今回のツアーでは、家族だけだと選択しない遊びができたてよかったです」と、パパママも充実の表情でした。

自然の中で芽生えた意識の変化

充実した気持ちと心地よい疲れの中で幕を閉じた、今回の「ASOBO JAPAN」。

5年生のお兄ちゃん、2年生の娘さんと一緒に参加してくれた佐藤さんファミリーは、ツアー全体を通じて「雪の中ではしゃいだり、流氷の上を飛び回ったりと、子ども達の〝初めての表情〟がたくさん見られたのがよかったです。自然の中で、一緒に体を動かして遊ぶということがなかったので、本当にいつもの顔とは違いました。みんなが頑張ってるから自分も頑張らなくちゃという部分もあって、協調性の中に子ども達の成長を感じられたのも嬉しかったですね」と話してくれました。

 パパ個人としては、「子供達と同じ目線で遊ぶことが、こんなに楽しいとは思わなかったです。今までは恥ずかしがって見てるだけが多かったですが、子どもと一緒に自分も積極的に遊んだり体験したりしたいと、意識が変わりました。」とのこと。親子ともに実りのある2日間だったようです。

大人が童心に返り、子どもがグッと成長する。日常から遠く離れた大自然の中では、たびたびそんなことが起こるんですね。これからも、充実した家族旅行を!

家族に嬉しい充実装備で
移動もラクラク!

今回のツアー中、参加者の方々を運んでくれたのは、家族に嬉しい機能が満載の新型「日産SERENA」です。

車内はみんながゆったり座れる3列シートで、スマホなどの充電に必要なUSB電源ソケットを完備。また、上半分が開くデュアルバックドアだと荷崩れの心配がなく、後ろの車が近くても荷物の出し入れができると、ママに評判でした。

足だけで開くハンズフリードアが搭載されているので、子どもを抱っこしたり、大きな荷物を抱えていたりして、両手がふさがっている状態でも乗り込みは簡単。これも、子どもがいる家族には嬉しいポイントですね!

今回のツアーに参加した岡田さんファミリーからは、「たくさん積めるのに小回りもきくので、運転しやすそうですね」「乗り心地が良くて、いろんな機能に惹かれました!」という声もありました。

次回の「ASOBO JAPAN」は…

満天の星空や最新鋭のプラネタリウムで宇宙を体験する〝STAR SCHOOL〟です。こちらの様子もお楽しみに!

「ASOBO JAPAN」プロジェクト参加一覧

日産SERENACanon EOS KissGAKKEN学研キッズネットTHE NORTH FACEクックパッドadidas

「ASOBO JAPAN」には、これらの企業やブランドが参加しています。それぞれの特徴を活かした“遊び”をぜひ楽しんでくださいね。

引用元: http://tabi-labo.com/280681/asobojapan-report-3

喜びも悲しみもかき混ぜて分かち合う。沖縄の「カチャーシー」が教えてくれる大切なこと

「カチャーシー」。
三線の音色に合わせて独特なスタイルで手をひねる、あの沖縄特有の踊りをそう呼びます。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。

ウチナーンチュにとって、「カチャーシー」はもはや生活の一部。祭り事や祝い事といった特別な日に限らず、場がにぎわえばいつだって自然と踊りはじめます。そして、旅で沖縄を訪れた人間も、その魂を感じ、等身大の自分のまま踊りの輪に加わるチャンスは常にあるのです。一度体験すると忘れられない、「カチャーシー」の魅力とは?

喜びも悲しみもかき混ぜて、
みんなで分かち合いましょう。

「カチャーシー」は、「かき混ぜる」を意味する沖縄の言葉「かちゃーす」に由来しています。冒頭でも述べたように、この踊りの大きな特徴は手のひねりです。しかし、ウチナーンチュが踊っている姿をちゃんと見れば、体すべてを使う踊りであると分かります。つまり、体をかちゃーす踊りが「カチャーシー」なのです。

喜びや悲しみをすべてかき混ぜてみんなで分かち合いましょう、という「カチャーシー」に込められた思いからは、ウチナーンチュの、人を大切に想うあたたかい気持ちが感じ取れます。

何か嬉しいことがあったら、自然と体が動いてしまうんです。

そう話してくれたのは、都内で数少ない、カチャーシーを体験できる居酒屋『沖縄料理 かりゆし』のオーナー山城さん。自ら三線を手に民謡ライブを行う生粋のウチナーンチュです。

「カチャーシー」を人から教わった記憶はないんです。みんなそうだと思います。あまりに日常的に踊るものだから、子どもは周りの大人を見て、勝手に「楽しい時の踊り=カチャーシー」と結びつけ、覚えるんですよ。それが体に染み付いているから、何か嬉しいことがあったら、家にひとりでいても、さらには音楽がなくても、つい体が動いてしまうんです。

たとえば、最高に気分がいい時、私達が鼻歌を歌いたくなるように、ウチナーンチュは、何か嬉しいことがあったら「カチャーシー」を踊りたくなるのでしょう。

幸せが逃げないよう、指はとじて。

本来、「カチャーシー」は男女で踊り方が異なります。といっても、手をグーにするかパーにするかという簡単な違いです。男性は手を握って拳を作り、女性は手を開いたまま踊ります。ひとつポイントを挙げるとすれば、女性は指と指の間をしっかり閉じるように。そうしないと幸せが逃げてしまう、と言い伝えられています。

でも、実はちゃんとした決まりはないんです。掛け声とか、指笛も、自分の感覚でやりたければやる、で良いんです。

分からなくてもいい。
自分らしく、好きに踊ればいい

そう、これが「カチャーシー」の醍醐味です。好きなように踊って、自分が楽しければそれでいい。だから、旅人でも気軽に、踊りの輪に入ることが出来ます。

沖縄特有の温暖な気候のなかでウチナーンチュに囲まれて踊る「カチャーシー」には、別格の味わいがあります。

ウチナーンチュは観光客を特別扱いしません。変に飾った態度は見せず、私達を現地の人と同じように扱ってくれるのです。きっと、「カチャーシー」にも彼らの方から誘ってくれるはず。

玄人の輪に入るのは気が引けると思います。しかし、踊り方は本当に人それぞれです。「これでいいのかな?」などと気にせず、自分なりに、三線の音色に身を委ねましょう。ウチナーンチュと一緒になって「カチャーシー」に酔いしれれば、いつの間にか抱えていた悩みも忘れて、本来の自分を取り戻しているはずです。
その証拠に、踊っている人達の表情を見てください。皆、楽しそうでしょう?「カチャーシー」には、人を笑顔にする不思議な力があるのです。

引用元: http://tabi-labo.com/280305/kachashi