季節とともに色合いも変わる「森のマンション」

夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。

この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森のよう。

都会にそびえ立つ
森のマンション

イタリア人建築士のStefano Boeri氏は、ミラノやスイスに続き、南京にもこの「Vertical Forest(垂直にそびえ立つ森林)」を設計しました。高いほうは約200m、低いほうは約100mの高層ビルで、1,100本の木と2,500本の低木が植えられるそうです。

ビル街に鬱蒼と緑が茂る様子は、まさに都会の森といったところでしょうか。

花や紅葉で
季節に合わせて色を変える建築

夏は緑に覆われていますが、季節が移ろうにつれて木々の色も変わっていきます。色を塗り直したり、はたまたフルカラーLEDを光らせたりすることなく、自然の力で色を変えていくのです。

気になる建物の中身ですが、大きいほうには美術館やオフィス、学校などが入る予定。対して小さいほうにはハイアットホテルに加え、たくさんのショップやレストランが入るそう。

1日60kgの酸素を放出

植物は二酸化炭素を吸って酸素を放出しますが、この建物全体から生み出される酸素の量は、1日に約60kgほど。ビルといえば人工的な空間の代名詞のようなものですが、ここなら森林浴もできそうです。天空の城ラピュタを想像した人も多いかもしれませんね。完成は2018年を予定しているそうです。

Licensed material used with permission by Stefano Boeri Architetti

引用元: http://tabi-labo.com/280290/vertical-forest-nanjing

ノートPCのディスプレイを3倍にできる、折りたたみスクリーン

まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。

複数人で映像や写真をシェアできるとあって、オフィスに自宅にと使えそうですが、もう少し詳しく見てみましょう。

少人数のミーティングに
使えそう

「Slidenjoy」の特徴は、何と言っても背面にも折り曲げられること。パソコン自体の画面も含めれば3面のスクリーンが出来上がるので、三角形に折りたたんで他のメンバーに画面を見せることも可能です。

たとえば、プロジェクターを使うほどでもない少人数のミーティングなどに便利です。

そして、コンパクト

「サブスクリーンなんて、荷物になるし邪魔になるのでは?」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。薄さは約19mmで、重さは1.2kg〜。使用するときも、ノートPCの背面に磁石で取り付けて、USBでつなぐだけ。ACアダプタなどは不要です(Windows、Macともに対応)。

サブスクリーンは作業効率を確実にアップしてくれる快適なもので、決してコンピューターマニアやトレーダーのためだけのものではありません。

資料を見ながら企画書を作るときも、まるで広い机の上のように、資料をだだーっと広げて、いつでも横目で確認可能です。プライベートでは、映画を見ながらSNSをチェックすることも…!

インテリアに合わせてみる?
カラーも豊富

サイズ展開は13、15、17インチの3サイズ。カラーはなんと全16色もあり、なかには木目調のものもあるので、インテリアと合わせることもできます。

プライベートとビジネス、両方での使用が想像ができる「Slidenjoy」。現在はオフィシャルHPにて、プレオーダーを受付中。レギュラーモデルで349€(約4万円)。デポジットは60€(約7,000円)から。

Licensed material used with permission by Slidenjoy

引用元: http://tabi-labo.com/280266/slidenjoy

スペイン北部の「チカラめし」。お肉と野菜のボリュームスープ

温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲まれ冬は雪に覆われる、いわば日本の東北。

そんなガリシア地方の農夫たちが、厳しい冬を乗り越えるために食べているスープがあります。

それが「カルド・ガジェゴ」。農家のおかあさんが、大鍋いっぱいに野菜や豆を入れてつくる料理です。現地では、生ハムの削り終わった骨や、豚の塩漬けなどを入れてベースとなるスープをつくり、そこへ豆類やかぶ、じゃがいもなどの野菜を加えて煮込むよう。余り食材とは思えない、素朴な味わいが家庭的。

生ハムの骨はなかなか手に入らないので、スペアリブで代用したレシピをご紹介。

〈材料:2人分〉

・スペアリブ:400g
・塩:小さじ1/3
・こしょう:適量
・かぶ:2個
・じゃがいも:2個
・ミックスビーンズ:100g
・オリーブオイル:大さじ1/2

・A 水:700ml
・A ローリエ:1枚
・A 固形ブイヨン:1個

〈つくり方〉

スペアリブに塩、こしょうをすり込みます。じゃがいも、かぶは根と皮をむいてひと口サイズに。かぶ葉は2センチ幅にカット。鍋にオリーブオイルをひいて中火で熱し、スペアリブの表面を焼いてからAを加えてふつふつするくらいの火加減で25分煮ていきます。かぶ、じゃがいも、ミックスビーンズを加えてさらに15分煮たら、かぶの葉を加え、塩こしょうで味をととのえてできあがり。

引用元: http://tabi-labo.com/279720/fcf-caldo-gallego

「木と森は同時に見られるんだ」。人生の大切なことはタクシー運転手に教わった

タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。

経営コンサルタントを営む小宮一慶さんも、そんなタクシーの運転手さんに着目。人生の教訓を彼らから学んだと言います。著書『人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる』より、興味深いお話を紹介しましょう。

すぐできる目の前の小さなことを
おろそかにしてはいけない

「木を見て森を見ず」という言葉があります。目の前の小さなことに捉われて全体を見ないという意味ですが、小宮さんは木と森はそのどちらかではなく、同時に見るべきだと言います。

あるとき、小宮さんが乗ったタクシーの運転手さんといつものように話をしていると、娘さんが2人いることがわかりました。上の子は高校受験。滑り止めの私立は合格したが、公立受験はこれからとのこと。「公立に行ってもらわないと、私立の学費は高いですからね。私の稼ぎだけでは生活していけませんよ」と運転手さん。バブルの頃ならいざ知らず、昨今の規制緩和もあって、タクシー運転手の生活は決して楽なものではありません。そして運転手さんは続けて「今日は下の子の誕生日なのですが、ケーキは我慢してもらいました」と言います。

突然の話だったので、小宮さんはそのままタクシーを降りてしまいましたが、タクシーが走り去るのを見ながら「何も言わずに3,000円渡せばよかった」と、未だに後悔しているそうです。たまたま乗ったタクシーで、何もそこまでする必要はないかもしれません。また、お金を恵んであげるような行為は相手に失礼で、場合によっては怒り出す可能性もあります。それでも小宮さんは「やはりお金を渡すべきだった」と思うのです。

タクシー産業全体のことを考えて、制度やルールを変えることは重要なことです。経営コンサルタントとして、小宮さん自身もタクシー会社がいかに利益を上げられるようになるか、車の稼働率を向上させるかを考えること、すなわち「森を見ず」にならないよう、視野を広げて大きく考えることは重要だと思っています。しかし同時に、あえて目の前の木をよく見て、その木のためにできることを考えて実行することも欠かせないことではないでしょうか。

目の前の木をおろそかにする人が、本当に森全体を良くすることができるでしょうか。本気でなにか大きなことをやろうと思って真剣に考えれば、いまできることもまた、必ずあるのです。

「ケーキを我慢してもらいました」と言ったタクシー運転手さんにも、小宮さんは結局なにもしてあげられませんでした。だからこそ思うのです。「やろうと思えばすぐにでもできる目の前のことを、おろそかにしてはいけない」と。

全国津々浦々の訪問先で、年間200回以上、ゆうに2,000人を超える運転手さんたちに出会ってきたカリスマ経営コンサルタントの小宮一慶氏。彼がタクシー運転手との会話のなかで見つけたのは、「人生と仕事、経営に役立つ19のヒント」でした。元気をもらえる話、身につまされる話、日本人が忘れつつある美徳を思い出させてくれる話…。この本を読めばタクシーに乗るのがちょっと楽しみになること請け合いです。

引用元: http://tabi-labo.com/278856/taxi-driver-lesson-01

これさえあれば、ジムいらず?「どこでもフィットネス器具」があなどれない

運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエクササイズをするためにはいろいろ器具を買い揃える必要がありますよね。

もしあらゆるエクササイズができるジムが、持ち歩ける大きさになったら…そんな夢みたいな話が実現した!?

え、これが「ジム」?

このDoubleFlexは「総合ポータブルジム」をうたうエクササイズ器具。こんな小さな器具がジム?と思うかもしれませんが、ポテンシャルはあなどれません。

重量1kg!その秘密は
「重りを使わない」こと

畳めばジーンズのバックポケットに入ってしまうほどのコンパクトさもさることながら、画期的なのはその重量。なんと、1kg以下だとか。

これまでのトレーニング器具は、重りを使って負荷をかけるものがほとんどでしたが、「DoubleFlex」は、中心軸から放射状に伸びたゴムによって、最大10kgを超える負荷をかけることが可能。

押すだけではなく
引く動作もできちゃう

頑丈なステンレス製のワイヤーを使った構造なので、押すだけではなく引く動作にも負荷をかけられることも特徴的。

これによって、たったひとつの器具にも関わらず、75種類ものエクササイズができるそうです。

自宅でもオフィスでも
出張先でも

「DoubleFlex」は現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。ブラックモデルは、140ドル(約16,000円)から購入可能。さらに、支援額が達成したら、センサーとbluetoothを内蔵した、アプリと連携できるモデルも発売予定とのこと。

Licensed material used with permission by OYO Fitness, LLC

引用元: http://tabi-labo.com/280295/double-flex